女性に多いがん

がんは多くの人に周知されているほど有名な病気です。これは細胞異常が起こり、それが広がっていく病気です。発生箇所によって病名は異なってくる特徴を持っています。また、リンパなど、全身を回る箇所にできた場合、がん細胞を全身に運んでしまう、いわゆる転移が起こりやすいものです。それでも最近では、早期発見ができれば大抵は治療できるほど治療方法は進歩しており、近い将来無くすことができる病気とも言われています。そんな中でも世界的に患者数が増加しているがんがあります。それが乳がんと呼ばれるものです。乳がんは女性に発生することが非常に多く、なっています。男性にも発生する可能性はありますが、女性は乳房に多くの欠陥などが通っている為、発生し易いと言われており、また、早期発見が中々出来ないため、治療できない状態で見つかることも多いのです。現在では乳がん検診などが多くの女性に推奨されており、無料で受けることができます。日本ではその認知度が高いことに対して、危機感がまだ少なく、検診を受ける女性の数は比較的少ない傾向にあります。他国でもその状態に大きな差はありません。

治療方法はあります。早期発見ができていれば内科的治療、つま薬物投与などで治療を行なうことができます。また、がん治療には放射線治療なども有効なので、それを選択することも可能です。進行してしまった場合、乳房ごと摘出する必要があるので、早い段階での発見が望ましいでしょう。発見方法でもっとも有名なものがしこりです。腫瘍は脇などの近い位置にできることが多く、手で触って確認することができるのです。
乳がんの最悪の場合には乳房の切除をしなければなりませんが、乳房の再建をすることが出来ます。
乳房の再建をすることにより、友達と旅行などに行った時に乳房を気にせず一緒に入浴することが出来ます。
ですので、乳房を切除してしまった方は気になるのであれば、乳房の再建をすると良いでしょう。