咽頭がんの治療

がんの出来た部位や症状に応じて治療法が決定されます

咽頭がんの治療は、がんの出来ている部位やがんの大きさ、ステージなどによって決定されます。咽頭は発声など生活に欠かせない機能を司っている部分であるため、咽頭がんの治療においては極力手術以外の方法を選ぶ傾向があるのです。特に上咽頭や中咽頭に出来たがんの場合には、放射線や化学療法が多く行われます。まだがんが小さいうちであれば、レーザーでの治療も可能なのです。いずれの治療の場合にも、高額療養費制度を使えば、実質的な負担は1ヵ月10万円以内でおさまります。限度額認定証を予め受け取っておけば、窓口でも最低限度の支払いをするだけで済むのです。咽頭がんを始めとするがんは、発見が早ければ治療も容易になります。ですので、出来るだけ早く病気を見つけることが大切になるのです。

喫煙や飲酒の習慣が咽頭がんに関わっているのです

咽頭がんは普段の生活習慣が大きく関わっているがんの一つです。たばこやアルコールの大量摂取が一説には関わっているとされており、生活習慣の変化と共に発症率も高まってきたのです。一昔前までは、現在ほどたばこやアルコールの害が取り沙汰されていませんでした。そのため、ヘビースモーカーや毎晩お酒を飲む習慣のある方が現在より多かったと言えます。このような世代が60代にさしかかるにつれ、咽頭がんになるケースが増えてきたのです。最近では、ウイルスが関わっている咽頭がんもあるとされており、生活習慣の中にリスクを高める要因が潜んでいることが徐々に解明されています。そのため、現在では検査態勢を充実させるなど徐々に対策が講じられているのです。